心の問題は【レクサプロでうつ状態を改善する】

ネットを活用しサプリメントを購入してみよう

世界ランキング

世界ランキング総合1位の実力派SSRI

2011年に日本でも取り扱われるようになった新SSRIレクサプロは、他のSSRIと比べても副作用を起こす事が少なく、且つ、最も選択的セロトニン再取り込みの阻害作用の高さが世界中の患者から好まれ、ASRIとも呼ばれています。 半減期が長くなったわりに、離脱症状も極めて少ないという魅力も大きく、世界でも継続度が最も多いとされています。 その為、レクサプロンの内服を急に止めても特に問題もなく、効き目が感じにくい人が増量する際には、添付の文書通りに1週間以上あけてから、最高用量を20mg/日を守れば良い薬です。 初期症状で吐き気や眠気、性機能障害があっても2週間ほどで治まります。吐き気等が気になる場合は、医師に相談して症状を緩和する薬も同時の処方してもらう事もできます。 副作用が気にならないという事で、仕事等の日常生活を変えたくないという場合に処方されるSSRIです。

離脱症状の恐れと継続率の高さについて

うつ病は、意欲の低下や気分の落ち込みといった事が悪化し、日常の生活が困難になりますが、適切な治療を行う事で早期回復、や再発を防げます。 日本では新しいSSRIとして知名度こそ高くはないのですが、エスタシタロプラムが成分であるレクサプロは世界的に最も継続度も高い抗うつ薬剤として一番多く販売されています。 レクサプロについては離脱症状が発生する頻度は極めて少なく、医師や薬剤師の指示通りに内服している限り、経験しない人が多いのが特徴でもあります。 離脱症状は、抗うつ薬剤を減量したり中止した場合に発生します。薬は、用量を減らすと血中濃度が下がるものであり、ある物質濃度が下がる事で、脳が正常に反応しなくなり、自律神経のバランスを崩してしまいます。 離脱症状はSSRI、SNRI、3循系抗うつ薬で認められており、うちレクサプロは離脱症状が少ないのですが、個人差や医師の指示に従わず、自己判断で減量すると初期症状と同じような状況に陥りやすくなります。