心の問題は【レクサプロでうつ状態を改善する】

ネットを活用しサプリメントを購入してみよう

クラミジアになったら

クラミジアの近年の治療法

クラミジア感染症は多くを性行為から感染する事が多い病気で、クラミジアトラコマチスという細菌に侵されて発症します。この疾患は家族(特に配偶者や付き合いのある関係者)に害が及ぶ危険性があるため、感染症に罹患しているものとの性交渉に及ばないことや、異常を感じたらすぐさま専門医を訪ねることをお勧めします。クラミジア感染症は抗生薬剤の投与により細菌を死滅させる治療が一般的です。ジスロマックやクラビットなどの抗生薬剤の投与を行い、約3週間程度ののちにクラミジア菌の状況を確認する検査を行います。これにより陰性が確認されれば治癒と診断されます。但し投与された抗生薬剤の効果が現れない場合があるため、その際は他の抗生剤の投与と言うことになり再度検査を行う必要も出てきます。

診療を受ける際の留意点

クラミジア感染症を含むいわゆる性病と呼ばれる病気については、男性であれば泌尿器科、女性であれば婦人科で多くの診療が行われています。他の一般内科でも診療可能ですが、薬剤や検査設備がない場合が多くあり、紹介状を渡されて結局専門医への受診をすると言う事にもなり、費用的にも時間的にも負担とストレスが増え兼ねません。受診の際には電話などで確認をして受診することが肝心です。現在は性への正しい知識が乏しい未成年などの性交渉による感染なども顕著になっており、簡易的ではありますが自宅で行う事が出来る検査キットなどの販売もされています。早い段階での病状の把握と、早期の適切な医療を受ける事がこうした性病への確かな対応法です。